fu

呼吸器疾患

case1:

子猫の漏斗胸 

rou1

 保護子猫の呼吸がおかしいとのことで
来院されました。
レントゲン検査で先天的な胸骨の変位、
いわゆる漏斗胸が認められました。
集中治療室で一般状態を改善させたのち、
漏斗胸の整復術を行いました。
(純粋な呼吸器疾患ではありませんが、
関連疾患としてこちらに記載します) 

rou2

 手術ではオーダーメイドで作成した

矯正具を心臓から数ミリの場所にある
胸骨に縫い合わせていきます。

現在では状態も改善し、
矯正具の抜去後も変位もなく
元気に過ごしています。 

case2:

短頭種気道症候群(外鼻孔狭窄症、軟口蓋過長症) 

fu1

 生後4か月の子犬の呼吸に
異変を感じるとのことで来院されました。
診察では強い吸気時の
努力性呼吸などが認められました。
視診においては写真に示すように
外鼻孔の狭窄が観察されました。
短頭種といわれる犬種であることと、
症状および他の検査結果から
短頭種気道症候群と診断し、
外科的治療を行いました。 

fu2

 麻酔下で軟口蓋といわれる
鼻と口を隔てる組織を確認したところ、
矢印で示すように異常に大きくなっている
ことが確認されました。
このため、外鼻孔拡張術並びに
軟口蓋部分切除も同時に行い、
空気の通り道を確保いたしました。 

fu3

 術後は写真に示すように、

外鼻孔が拡張し、呼吸が楽に
行えるようになりました。
術前は吸気困難のために寝ることも
できませんでしたが、
しっかり眠れているようです。

短頭種気道症候群の手術は、
気管切開のリスクや術後管理が
難しいとされています。

また手術適期を逃すと、
喉頭虚脱といった他疾患を引き起こします。